前へ
次へ

家庭教師が選ばれるにはワケがある

早いところでは、幼稚園からお受験があり、小学4年生から塾通いして中学受験に挑み、家庭教師をつけて高校や大学受験へと段取りよく進む家庭もあります。
お子さんに適した指導法を教えるのが、学校教諭ではないのは何故なのでしょうか。
それは個別指導が難しい集団教育を小学1年生からおこなうからです。
エスカレーター方式で中学校まで上がるため、普通に勉強ができるならばあえて家庭教師をつける必要さえありません。
教諭も、明らかに理解力の乏しい生徒の担任でもない限り、みな平等に指導します。
教科書中心、ドリルをサブとして授業を進めます。
基礎を学ぶのであって、応用力は教科書の文中にしかありません。
そこで、家庭教師の出番なのです。
その子にどのような教育がベストなのか、的確な学習プランを考えてくれるのです。
「その子に合った」いわゆるオーダーメイド教育だからこそ勉強のクセがつくのでしょう。
その子の苦手を知る教諭も、依怙贔屓できないため、個別指導という塾が人気で、さらに個人に踏み込める家庭教師が人気なのです。

Page Top