前へ
次へ

家庭教師は豊かさの象徴でもある

豊かであることを示す指標はいろいろありますが、習い事などに使えるお金があることもその一つです。
家庭教師はその中でもかなり敷居が高く、子供を塾に通わせるのと同等の余裕が必要になります。
これはお金の問題もありますが、講師が呼べるほど家が広いかなど生活水準の問題にも及んできます。
私が子供の頃、家庭教師を呼べる家はクラスでも一握り程度でした。
どの家庭もどこそこの会社の重役だったり公務員でもかなり給料が高い人の家だった気がします。
それだけ家に講師を招くには条件が厳しかったわけですが、今は予備校よりも安く、しかも確実に子供に勉強を教えてくれる家庭教師が増えてきました。
最初は無料で講師の実力を体験できたり、大手の業者さんもあれこれとサービスを拡大しています。
我が家でも講師を呼ぶことにしましたが、昔よりも実力のある講師が増えたように感じました。
これは、きちんと研修が行われていることを示しており、講師の能力も高まったことを示します。

Page Top